排卵日3日前が妊娠率アップ!受精卵に精子を送ると流産する?

排卵日付近で 仲良くすれば妊娠しやすいという話は 有名ですよね 。 だから 日数を計算して 頑張るわけですが 、 この話が本当なのか 以前から気になっていました 。毎日仲良くして受精できたら、さらに精子を送ると流産してしまうのかも気になって調べてみました。

スポンサードリンク

排卵日が妊娠しやすい理由

排卵日が妊娠しやすいのは何故か?仕組みを調べてみることにしました。

卵子は1日しか待っていない

妊娠するためには卵子と精子が受精しなければいけないですが、なんと卵子は卵巣から飛び出したら寿命が1日しかないらしいです。

つまり、その1日のうちに精子と出会わないと受精せずに体の外へ…。なので、月に1度の排卵日を逃すとまた次回の排卵までチャンスが無いわけです。

精子の寿命は1週間

卵子は1日ですが、精子の寿命は約1週間と言われています。もし排卵日に仲良くしたとしたら、

排卵日に仲良くしても遅いかも

排卵が遅れれば 妊娠は成功しますが、 排卵が早まっていれば 妊娠はできません 。 卵子が既に死んでしまった後に精子がやってくるからです。

先に精子を待ち伏せさせる

精子は1週間生きているので、先に卵管で卵子がやってくるのを精子が待っているという形のほうが妊娠しやすいはず。

精子が活発になるのは作られてから1日か2日後

精子は作られてから1日から2日経つと一番活発に動くようになるようです。なので子宮に入ってから1日か2日目くらいに卵子に出会うようにすると、精子が一番活動しやすくなると思いmす。

つまり一番妊娠しやすくなるタイミングは排卵日3日前から排卵日当日まで…ということになります。

スポンサードリンク

排卵日前から毎日精子を補充する

排卵日3日前くらいから精子を迎え入れたほうが、生き生きとした精子が次々とやってくるので妊娠の可能性が上がります。

排卵日がずれてもたくさん精子がいれば安心

「妊娠のためには毎日仲良くした方が良い」理由は他にもあるんです。生理不順の人の 排卵日を予想するのが難しいので 妊娠を計画しているなら毎日仲良くしたほうが、 「 精子が卵子を待っている」ので 妊娠確率が上がると思います 。

夫に排卵日を感づかせない

あと 妊娠は 女性 だけじゃなく男性から見ても 一仕事なはず 。 排卵日近くだから仲良くして そうじゃない日は 素っ気ない…これでは男性は ちょっと可哀想かもしれません。

なんとか妊娠させないと…!とプレッシャーに感じる男性もいます。なので、いっそのこと排卵日を相手に感づかせないで普通に仲良くした方がお互い妙なプレッシャーにならずに良いと思います。

それに精子も 1日から2日 で 入れ替えた方が 精子の動きが良く なるようです。

スポンサードリンク

精子はためないほうがよい

よくあるアドバイスの1つに 「 精子は貯めておいたほうが濃くなって 妊娠しやすくなる」 と言われることがあります 。 確かに昔はこのような方針があったようですが 、 今では 方針が変わっています。

古い精子から活性酸素がでる?

射精しないで 貯めておいた 古い精子から 活性酸素が作られて 精子自体の質が悪くなっていくようです 。 精子の質が悪くなれば 妊娠異常や 胎児異常が起きやすくなる リスクが高くなってしまいます。

溜めるとしたら1日から2日

一番精子の質がよくなるのは 1日から2日ほど ためておいた時で仲良くするのが一番良い状態で妊娠できるようです。

でも精子が少ない人はあまりため込まないで 出してしまったほうが 運動率が上がるようですよ。精子の性質は個人差が大きいと思うので気になるなら検査を受けて運動率を調べるのも良いと思います。

もし受精していたら… 仲良くすると流産しちゃう?

もし受精した状態で仲良くしてしまうと流産してしまうんじゃないか?という不安がある人は多いみたいですね。

もし受精した後、次々と精子が入ってきたらどうなるのか?というと…受精したら 後から入る精子は 全て 体にとっては 単なる 異物なので これ以上受精しないようですですが…。意外な働きをしてくれるようです。

受精後は免疫が働く

受精した後の精子は異物なので 免疫が働いて 排除されるようです。受精する前は免疫が働くと妊娠できないので 「 免疫寛容 」 という 免疫が部分的に働かない 仕組みになっているようです。

受精できなかった精子も役立ってる

受精できなかった精子が体の中に残っている間は 免疫寛容 が起こっていて、なんと 受精卵が 着床しやすくなるそうです。

受精して着床するまでの間 、 着床しやすくするために 体の中に精子をあえて残すことで免疫寛容を 起こして 妊娠しやすくする というのは 「人体ってうまくできてるなぁ~~」と思います。

精子が残っている間は感染に注意する

受精していた場合に仲良くしても流産の直接の原因になったりしないようです。でも免疫寛容が働いているのでいつもより感染しやすくなっています。

子宮が感染してしまうと流産する可能性も出てくるので、衛生面だけは十分気を付けた方が良さそうです。

error: Content is protected !!