皆知らないけど葉酸サプリは主に3種類ある

葉酸って種類によって吸収率が全然違う。厚生労働省も天然葉酸からだと栄養素として不足するんじゃないか?って懸念するくらい葉酸の形態によって吸収過程が違うらしくて、日本語で詳しいサイトがないのでサプリの本場とも言えるアメリカのサイトを参考にして面白い情報が手に入ったので紹介します。

葉酸の主な3形態、吸収されれば働きは同じ

3Folate

日本では「葉酸」としか表記されませんが、葉酸には種類があります。英語では葉酸の種類別に別の呼び方があります。そのひとつがFolate、天然葉酸です。人工的に合成した葉酸はFolic acidと呼ばれます。

どちらも葉酸を使いたい目的(ダウン症予防、染色体異常予防、認知症予防、鬱病予防)に使えます。つまり天然葉酸でも合成葉酸でも働きは同じです。

メジャーな葉酸の種類は上記の天然葉酸と合成葉酸のことで、日本の葉酸サプリメーカーでも天然葉酸がいいとか合成葉酸がいいとか、そういう話をよく耳にしますよね。つまるところ、葉酸自体の働きは全く同じなので天然葉酸も合成葉酸も同じです。

さらに新しく注目されている葉酸に メチルテトラヒドロ葉酸があります。 これも葉酸としての働きは天然葉酸や合成葉酸と全く同じです。 ではこの3つの葉酸の違いは何でしょうか?

葉酸の吸収率に大きな差がある

天然葉酸は吸収率が良くない

調べると天然葉酸って相当吸収率が悪いそうで、意識して葉酸を含む食品を取ってももしかしたら足りないかも…ということが起こり得るみたいです。他のビタミン類なら多少不足していても連日不足しなければ大きな問題はないかもしれませんが、妊娠初期の葉酸不足は結構ダイレクトに胎児奇形に結びつくことがあるようです。

あるようです、というのも厚生労働省のサイトで見ると葉酸不足で胎児奇形が起きると明記しているわけではないんですよね。諸外国の研究や葉酸サプリの摂取から「葉酸サプリをとることで胎児奇形の発生が抑えられている実績がある」ということなんです。

このことから厚生労働省は諸外国の実績から合成葉酸を使って確実に葉酸を摂取目標値まで取ろうと言っているんです。

合成葉酸は吸収するとき酵素が必要

厚生労働省が推奨する合成葉酸は天然葉酸に比べると吸収率は良いですが、吸収するためには体内で酵素が必要になります。この酵素がくせ者だと私は思うんですよね。葉酸を代謝できない人がたまにいるらしくてその原因はこの酵素が足りないせいのようなのですが…。葉酸代謝を調べるキットが売っていますよ。

↓ここの公式サイトから注文すると代引き手数料無料で届けてくれるので一番簡単に手続きできますよ。

メチルテトラヒドロ葉酸は自然な形で吸収される

メチルテトラヒドロ葉酸ってなんだか小難しい名前ですが、葉酸を構成する塩基配列の違いで葉酸には違いありません。このメチルテトラヒドロ葉酸は合成して作られる葉酸なんですが、吸収する際に合成葉酸に必要な酵素を必要としないようなのです。

合成葉酸であるにも関わらず、吸収する際に必要な酵素が不要なので天然葉酸のように自然な吸収が行われます。合成葉酸のデメリットをカバーして天然葉酸のように自然に吸収できる…つまり両方のいいとこ取りをした葉酸なんです。

葉酸の研究は歴史が浅い

葉酸が発見されたのが1941年で合成葉酸が作られたのが1943年、必須栄養素として認識され始めたのが1998年なので、まだわかっていないことや 発見後に作られた 合成葉酸の体内での動きなどは、まだよくわかっていないのが現状なのではないでしょうか。むしろ合成葉酸の影響は これから認識され始めるのかもしれません。

こうしてみると化学物質由来の安価な合成葉酸のメリットは価格の安さしかないように思います。 一生に数人の子供しか産まない 私としては 価格の安さよりも安全性を重視していきたいと思います。

日本で売っているメチルテトラヒドロ葉酸はどれなの?

サプリの本場アメリカだと明確にこのメチルテトラヒドロ葉酸、合成葉酸は区別されているようで成分説明のところに明記されています。じゃあ、ちゃっちゃとアメリカから輸入しちゃえば?という考えも浮かびましたが「葉酸サプリの過剰摂取で逆に赤ちゃんに悪影響がでている」のもアメリカなんですよね。

アメリカのサプリってサイズも大きいし(これは錠剤を割ればいいんですが)なんていうか、何もかもゴージャスなんですよね。そのせいで過剰摂取が起きたかどうかは分かりませんが、日本人の体質に合ったものかどうかは思いっきり不透明です。サプリって信用できないと飲む気が無くなる、というか飲むのが怖くなるので妊娠のような重大な目的ならやっぱり日本製がいいなぁ、と思います。

前置きが長くなりましたが、日本で手に入るメチルテトラヒドロ葉酸はどれかっていうお話ですが…。はっきりいって日本は意識が低いのか葉酸の種類なんて全く明記されていません。吸収率が天然葉酸より良い、とかそんな売り言葉ばかりなんですよ。合成葉酸なんだからそりゃ天然葉酸よりは吸収率はいいだろうさ、でメチルテトラヒドロ葉酸を使っているの、どうなの?って聞きたいのです。

なんで葉酸の種類をアメリカみたいに明記してないのか?って考えたんですけど日本の葉酸サプリ業界って「天然葉酸VS合成葉酸」みたいな流れがあって合成葉酸のいいところ(吸収率が断然良い)よりやっぱり天然思考、ナチュラル思考、オーガニック傾向が勝っていると思うんです。私も妊娠中は何かと自然派、オーガニック!!!!という思考になっていたのですごくよくわかります。

error: Content is protected !!