繋留流産、手術の様子とその後の1週間

繋留流産が起きて手術をした場合、その後の体への影響はどのくらい残るのかまとめました。何時から仕事に復帰できるのか?次の妊娠はどうしたらいいのか?子宮の機能に影響はあるのか?その時に感じた悩みなど体験談を紹介します。

繋留流産手術後初日

子宮内除去術をしたその日の夜はさすがに何もする気がおきませんでした。気持ちの問題もそうですが、麻酔の影響か、半日続いた生理痛のような痛みのせいなのか、体が思うように動きません。

子宮収縮剤をもらう

とにかくふらふらしているので、へたに動かないで寝ていた方が回復が早いと思います。手術後、出血がダラダラ続きました。 大きくなっていた子宮を元の大きさに戻すために子宮収縮剤を処方されました。これを飲むことでだんだんといつもの大きさ(鶏卵くらい)に戻ると言われました。

稽留流産術後1日目

私の場合大事をとって仕事は休みにしていました。初めての手術だったので、体調はがどう変化していくのか自信がなかったからです。 それに昨日の今日だと職場の人だってどう対応していいのか、どう仕事を振っていいのか困るだろうなーと思いました。

それに私自身が流産について話題にされたくない、そこに触れられたくないと思っていました。なかったことには絶対に出来ませんでしたが、他の人にそのことを話せるほど気持ちの整理はついていなかったと思います。

手術後1日で仕事復帰

でもあんまり休んでいると、また変に話題になるかもしれないな、と変な気を回して翌日から仕事に復帰することにしました。

術後の出血は昨日よりも落ち着いてきて、お腹の痛みもそれほど辛いものではなくなってきました。

まぁ、デスクワークだったので復帰するのも割と平気でしたが、立ち回る仕事とか、トイレになかなか行けない仕事だと1日で復帰するのはしんどいかもしれません。

繋留流産手術後2日目

子宮収縮剤を飲んでいるせいか生理痛が続いていますが、生理以上の痛みや出血はないので仕事に出ました。仕事に出たことでいつも通りの自分を思い出して、少しずつ元気が出てきたように思います。周囲の反応も、私が怖がっていたような批判とか興味の対象として見られるとか、そういったことはなかったです。

繋留流産手術3日目以降

3日目以降になると出血量はどんどん減っていきました。体調も妊娠前に戻ってきているのが実感できました。生理前のイライラが生理が終わった途端にすっきりする…みたいなそんな感覚があるのです。微妙な頭痛もなくなりました。

手術後に処方される子宮収縮剤は1週間分ありました。手術後の出血量は二日目ほど多くありませんでしたが、時々塊がでるような出血の仕方でした。

繋留流産の手術は痛いのか

私の場合、麻酔が生半可に聞いていたせいで、手術を始める前がちょっと痛かったですがしっかり麻酔が効いていれば手術自体に痛みはほとんど無いと思います。

手術後に処方される子宮収縮剤ですが、この薬を飲んでいると子宮が小さくなっていくのでその痛みの方がじわじわときいてきます。 子宮が収縮する痛みは生理の痛みとはちょっと違うので、初めのうちは戸惑うと思いますが子宮収縮剤を飲み終われば痛みはなくなります

手術後の出血具合

出血は私の場合生理2日目ぐらいの出血が3日ほど続きましたが、特に驚くほど出血したという印象はありません。

どちらかと言うと体の痛みというより、気持ちの痛みと言うか気分が晴れない日が続きます。

何かを決断しなければいけないこととか、家の修繕などの予定があれば手術後に重ならないようにしたほうがいいと思います。心がしんどくなって、あんまり他の事は考えられなくなるので…。

繋留流産手術の費用

繋留流産の手術は保険適用なので3割負担です。

私の場合日帰りで、手術室を使わずに処置室で行なったので最低限の費用で済んでいると思います。

手術代は2万から10万

費用は3万円いかないくらいでした。 大学病院などで行うと10万円くらいすることもあるそうなので、費用について心配ならあらかじめ相談しておいたほうがいいと思います。相場は2万円から10万円位だと聞いています。

保険があると給付金があるかも

また入っている保険によっては給付金が出たりすることがあるので、診断書の準備などあらかじめできることはやっておいた方がいいです。

まだ保険に入っていない人はあらかじめ保険加入しておくと、いざという時に役立ちます。(給付金で個室に入れます!産婦人科で入院なので出産後のお母さんとか赤ちゃんの声が聞こえるんですよ、大部屋は

また、病院での支払いの時に前の人のお会計金額とかを聞くとかなり恐ろしい金額を請求されています。20万とか…。保険は何かひとつでも入っておくべきだと身に染みました。

保険cafeで最適な保険が選べます。相談窓口で詳しく教えてくれます。

じぶんの保険では必要な部分の保険をしっかり掛けられます。無料で相談に乗ってくれるので保険の事がよくわからない場合も適切なアドバイスをもらえました。

手術後の過ごし方注意点

妊娠中は免疫力が低下します。というのも胎児が自分と全く同じ染色体や遺伝子を持っているわけではないので、いつも通りの免疫力だと赤ちゃんを異物と判断して免疫力が攻撃してしまいます。攻撃しすぎてしまうと流産や早産のリスクが高くなります。そのため妊娠中は免疫力を下げて赤ちゃんを守っています。

免疫力低下に注意

妊娠初期も同じように赤ちゃんを守るために免疫力が下がっています。繋留流産してしまい、赤ちゃんがいなくなった後も免疫力がすぐに回復するとは限りません。

体調や、季節的な変化、個人個人の体力など色々な要素が加わって免疫力の強さが変わってきますが、絶対に手術前よりは抵抗力が下がっていると思います。

繋留流産の手術は全身麻酔を使うような手術なので、体を切ったりまではしないものの、それなりに負担はかかります。

手術後はシャワーだけ

子宮口をホルモンの力ではなく人の力で開けているので、手術したばかりの頃はまだしっかり閉じていません。妊娠中だった体は免疫力が下がっているので 、少し開いた子宮口から感染することもあります。

子宮口が開いていて感染しやすいので次の検診まではシャワーだけでお風呂には入ってはいけません。

手術後に心掛けること

感染に注意することはもちろん、感染してしまっても大事に至らないように

  • しっかり休むこと
  • 栄養バランスのとれた食事をとること
  • あまり考え込まないこと

これらに注意してみてください。

繋留流産後の手術の後は、すぐに元の生活に戻ろうとする意識があるのでついつい頑張りすぎてしまいます。

自分で自分を休めるように意識しないと無理をしてしまいがちになるので、少し自分を甘やかしながら自身を励まして過ごすくらいでちょうどいいです。

手術後、夫婦生活は?

手術後1週間経って子宮の機能が回復したという診断があれば、体の方の機能はだんだんと完全に回復していきます。 私がかかった病院では3ヶ月は避妊を勧められました。

体が回復するのに3ヶ月ほど時間がかかるそうです。子宮内の傷は受精卵の着床やその後の発育に影響するので、しっかり回復させた方がいいと思います。

感染が心配ならしない

夫婦生活自体は禁止されてはいませんでしたが(避妊をすれば) 手術後の感染が心配な時期はやめておいた方がいいと思います。

いつから夫婦生活を始めるか?

というと1か月くらいで夫婦生活を始める人もいますし、避妊期間明けまで待つ夫婦など人それぞれです。夫の気持ちや体調、避妊について夫婦で話しあったりすると、この避妊期間はうまく乗り切られると思います。

error: Content is protected !!