卵管が詰まって卵子も精子も受精卵も通れない不妊がある

子宮も卵巣も健康体で妊娠できるのに、卵管という通り道が詰まっているせいで妊娠できない卵管因子障害というものがあります。どうして卵管が詰まるのか、どういう治療があるのか調べました。

卵管を通らないと妊娠しない理由

妊娠するためには卵巣から排卵した卵子を卵管采と呼ばれる「卵巣から飛び出した卵子をキャッチする手」で受けとってもらい、卵管を通りながら受精して、さらに子宮へ着床する必要があります。

卵巣から卵子が飛び出して、卵管采がキャッチ!でも卵管が詰まっていて卵子が通らない(または精子が通れなくてやって来れない、精子が通って受精しても受精卵が通らない)という現象が起きてしまい妊娠できない…というのが卵管因子障害です。

卵管が詰まる原因

卵管が詰まる原因は主にふたつ考えられます。ひとつは過去に手術をしたことがあると臓器が癒着してしまい、卵管が通りにくくなっていることがあります。

もうひとつは卵管が炎症を起こしている場合です。卵管の炎症が起きていても自覚症状が無い場合もあります。

過去の手術が原因

過去に手術などでお腹を開けるような大きな手術をしていた場合、卵管などが他の臓器にくっついてしまっていることがあります。くっつくことで卵管が狭くなってしまい詰まってしまうのです。

腹膜炎や盲腸の手術でも臓器がくっつく癒着が起きるので手術したことがあって妊娠しにくい人はこの卵管の詰まりを疑ってみてもいいかもしれないです。

卵管の炎症が原因

手術の影響のほかにもクラミジアや淋病などの性病がある場合、骨盤内で炎症が起きてしまい、その結果卵管が詰まっていることがあります。クラミジアや淋病は自覚症状がないまま悪化することがあるので、オリモノの変化や腹痛、生理の様子が変わった、などがあれば病気の可能性もあるかもしれません。

クラミジア、淋病の検査は簡単にわかる

クラミジアや淋病の検査はオリモノや血液検査で簡単にわかるので、医師と相談してみて必要なら受けてみても良いと思います。

お医者さんに言いにくい…という場合はネット検査もあります。

卵管の詰まりがあるか調べるには

卵管が詰まっているかどうか調べるには産婦人科で相談すれば検査の日程を組んでくれます。絶対に妊娠の可能性がない排卵前とか生理直後だとすぐ検査してくれるかもしれませんが、日取りを決めて検査…になると思います。

検査方法は子宮卵管造影検査というもので、膣から卵管まで造影剤を入れてレントゲン撮影する方法です。胃がん検査でやるバリウム検査みたいな方法ですね。

卵管造影検査でわかること

この検査でわかるのは

  • 卵管の太さ
  • 子宮内腔の癒着(子宮内で子宮内壁同士がくっついていないか?)
  • 骨盤腔内の癒着(骨盤内でくっついている臓器がないか?)
  • 子宮の形(妊娠しにくい子宮の形か?)
  • 卵管の通り具合(卵管がくっついている部分がないか?)
  • 卵管の出口付近の癒着(卵管の出口が詰まっていないか?)

という子宮から卵管までの道のり全体の詰まり具合がこの検査で分かります。

子宮卵管造影検査はどんな検査?

卵管の通り具合を見る検査なので、要は自然妊娠に近い形で精子に見立てた造影剤を膣から流し入れて、卵管の最深部(受精するべき場所)まで通るか?をレントゲンで撮影します。

レントゲン写真を見て白く映っているところが通っている場所になります。この検査は大体2日に渡って検査をします。1日目は造影剤を入れてレントゲン撮影、そのまま次の日に持ち越してもう一度レントゲン撮影をします。

検査時間は20分くらい?が普通だと思います。検査自体は長くかかりません。

造影剤が痛いと詰まってる?

本来通るべきものである精子とか卵子じゃない造影剤を入れるせいか、この子宮卵管造影検査は結構痛い、という人が多いみたいです。もちろん個人差があるようで、全く痛くない人からシャレにならないほどの激痛の人まで…。

子宮口や卵管が詰まっている場合などは造影剤に押されるわ、圧迫されるわ(無理やり通すのか?というくらい)でかなり痛みを感じる人が多いです。卵管の詰まりがない人の痛みが軽いのか?痛みに強いのか?と思ったんですが、痛みの感じかたは人それぞれなので、痛みの加減で卵管の詰まり具合を推し量ることはできないみたいです。

つまり痛くても通っていることもあれば、痛くなくても不通のことがある…という訳ですね。

造影検査で出血があることも

卵管造影検査の後に出血することもあります。目に見えるほどの大出血!というより茶色のオリモノ程度のこともあります。これはどうも検査の際に器具が子宮口などに当たって軽く傷がついたためのようです。

子宮頚がん検査などで出血する理由とほぼ一緒です。

でも出血がひどかったり長引いたら担当医に相談してください。どこか炎症があったり、傷がついたのかもしれません。

卵管造影検査は妊娠しやすくなる?

噂…というかジンクス?みたいな話ですが、子宮卵管造影検査をすると妊娠する!という話があります。なんだ、ジンクスね…と思いきや、一応科学的根拠もあるようです。

それは詰まっていたり狭くなっている卵管が造影検査によって通りやすくなる…よって妊娠する…!ということみたいです。もちろん造影検査は治療ではないので、この話を先生にしても笑われると思います…。

実際に妊娠に至るか?は人それぞれのようなのですが、妊娠する確率が多少アップするかも?くらいの気持ちで(期待しすぎない)受けるのが良いと思います。

子宮卵管造影検査の検査費用

子宮卵管造影検査の検査費用ですが、病院によってまちまち…です。が、相場は5000円から2万円くらいの範囲みたいです。出産費用がお高いクリニックだと、やっぱり諸検査費用も高い傾向にありますね。心配なら問い合わせてからやった方がいいです。

いつも行く病院で検査したほうがいい

この検査は前後の経過をみていく必要があると思うので、いつもお世話になる病院にお願いした方が何度も同じ検査をしなくて良いと思います。

(どこか一か所で不妊検査をした方が、検査費用はトータルで安くなりますが、どーーーーしても合わない先生とはいつまで経っても合わないまま…だと思うので病院を変えても良いと思います。)

助成金が出るかも調べてみる

あと、重要なのが市などの助成金が出るか調べておくことです。市のホームページやお知らせなどに載っているか調べてみてください。見つからない場合は市役所の子供支援をしている課や育児課みたいな課がないか電話などで問い合わせると教えてくれます。

市の助成金は自分で申し込まないとお金をくれないのでどんどん問い合わせてください。

error: Content is protected !!