妊娠できるか?自分1人でブライダルチェック

ブライダルチェックというのは結婚前後に妊娠能力などをチェックする検査です。周囲から露骨にすすめられると嫌ですが、自分でこっそり受けるといいです。「安全で健康な赤ちゃんが授かれるかどうか」自分でチェックしたいと思いませんか?もちろん周囲に公表する必要はありませんから、自分の健康チェックとして受ければ良いのです。

ブライダルチェックをしたくない理由

ブライダルチェックをしたくない理由は結構あるもので、一つでもやりたくない理由が出来るとやろうという気持ちにならないものです。

男も女も妊娠可能かどうか?疑われるのは嫌

いくら結婚を前提に付き合っているとしてもブライダルチェックをして、と露骨に妊娠能力を疑われるのは嫌ですよね。自分が不妊体質だと判明したとしたら相手の態度が変わりそうという不安があります。

問診に抵抗がある

医師による問診がありますが、初潮の年齢から家族の病歴、性交痛の有無、流産や中絶経験などかなりプライベートなことも話すことがあるようです。

料金的な問題

病院によって料金が違ってきます。検査は自費で行われますので高めです。病院毎に内容が違うため幅があります。

相場は大体ひとり2万円から4万円程度かかるようです。

ふたりだと3万円から8万円とかなりの額になります。

男性はブライダルチェック、感染症検査に抵抗がある人が多い

ブライダルチェック、男性は女性以上に抵抗がある人が多いと思います。

検査自体に協力的でない、ということは珍しくないんですね。浮気を疑われているのではないか、と面白く無い気持ちもあるでしょう。

また仕事が忙しい世代でもあるのでわざわざ休みを取って協力してくれるかどうかは男性側の意欲によります。

ブライダルチェック、性感染症検査は妊娠前にやったほうがいい

妊娠すると子宮頸がんの検査や血液検査、抗体検査、性病検査など色んな検査を受けます。妊娠を喜んでいたのに色んな検査を受けたら病気が発見されることもあります。

ブライダルチェック、性病検査は妊娠のために必要なの?

ブライダルチェックの項目に性病などの感染症検査が含まれていて、私が必要だと思う検査はこの感染症検査です。妊娠の前にまずは母体の健康を確認したほうが良いと思います。

子宮頸がんが見つかることもある

向井亜紀さんが妊娠中に子宮頸がんが見つかり、どうしようもなく赤ちゃんを諦めて子宮を摘出されたことをご存知の方も多いと思います。

向井さんは赤ちゃんを諦めきれず、子宮を残そうとするのですが…赤ちゃんを失った喪失感を思うといたたまれません。

向井さんは病気に負けず、代理出産されて本当にパワフルですごいです。

この向井さん話からも「妊娠前の検査」は重要だと思います。

性病は母子感染することもある

性感染症の中には母子感染する病気があります。

淋病は失明の危険

淋病などは出産時に赤ちゃんの目を失明させてしまう危険があるのです。

また感染確率は低いですがHIVなど妊娠前から感染していないことを確認しておいたほうが良いと思います。

クラミジアの感染者は若年層でも多いですが、感染したまま放置することで不妊の原因となります。

自覚症状が無いことが多いので検査しておくと安心した妊娠計画が立てられます。

またクラミジアに感染している人は淋病に感染していることが多いので同時に検査したほうが良いです。

ブライダルチェックの方法は2つ

ブライダルチェックをするには病院で検査するほかに郵送検査があります。どちらの方法にもメリットデメリットがあります。

病院でブライダルチェックをすると治療しやすい

病院で検査を受けるなら病気が見つかった時は治療となるので、通いやすさや担当医との相性も考えて決められます。信頼できる先生がいるなら病院で検査するのが一番いいと思います。

噂が広まりそうなら郵送検査

私も病院で検査を受けておきたかったのですが、田舎なのでどこからか噂が立つか心配でした。もし病気が見つかったら遠くの病院で治療しようと思っていました。田舎の病院の待合は前の患者さんの会話が筒抜けだったりするので嫌なんですよ。

病院での検査キットも郵送検査キットと同じものを使っている

病院でする検査も郵送検査キットも同じキットを使っていることが分かったので郵送検査キットを試すことにしたのです。

でも子宮の様子は産婦人科で相談しました。

つまり知られたくないことは郵送キットを使い、超音波検査などが必要な検査は病院で受けることにしたのです。

これで両方のメリットだけを選んだつもりですが、もし性感染症にかかっていた場合は病院での再検査、治療が必要なので2度手間になることがあります。

妊娠前に自宅で自分でできるブライダルチェック

ブライダルチェックは郵送検査でもできます。簡単なセルフキットがあるので手順通りに検体を採取して郵送すればすぐに結果を送ってくれます。

料金は1万5千円から2万円程度です。検査項目によってばらつきがあります。

自分に必要な検査だけ出来るので金額を落とそうと思えば可能です。

error: Content is protected !!