妊娠中、貧血予防、葉酸目的でうなぎを食べてはいけない理由

妊娠中って必要な栄養素が多くて、栄養素が多い食品をとろうとするんですが、とり過ぎると良くない栄養素も一緒にとってしまう危険性があるのです。そのひとつがうなぎ、というお話を紹介します。

unagi

うなぎは葉酸が多い

妊娠前、妊娠初期は赤ちゃんの染色体異常を防ぐために葉酸を取った方がいいので、葉酸が多い食べ物を食べることにしました。中でもうなぎは葉酸が多いので「これはいい!」と思っていました。

特に葉酸が多いうなぎの肝

妊娠中の葉酸不足は胎児異常を引き起こすことがあります。その予防のために葉酸を食事からとろうとすると自然と栄養素が豊富な食材を選びますよね。その中でもうなぎの肝は100グラム中380μグラムも葉酸が含まれています。

妊娠中にとり過ぎるといけないビタミンA

妊娠中はとり過ぎると赤ちゃんに悪い影響がある栄養素もあります。それがうなぎに含まれているビタミンAです。

うなぎの肝はビタミンAも多い

うなぎの肝にはビタミンB2、ビタミンE、コリンなど含まれていてすごく栄養価が高いのですが、レチノールと呼ばれるビタミンAがたくさん入っています。このビタミンAは妊娠中にとり過ぎると胎児に影響して胎児奇形や先天性異常を引き起こすことがあります。

うなぎの肝は妊娠中は止めた方が良さそう

葉酸の多さからうなぎの肝に惹かれていましたが、染色体異常を起こすかもしれないビタミンAが多いので妊娠前後はうなぎの肝は食べない方が良さそうです。

うなぎの身は妊娠中でも食べて大丈夫なの?

うなぎの肝は妊娠中に控えたほうが良いのはわかったけど、うなぎの身はどうなんだろう?と思ったのでうなぎの栄養価を調べました。

うなぎ自体、ビタミンAが多かった

うなぎの身は鉄分やたんぱく質、カルシウムも豊富ですごく栄養価が高いですね。で、気になるビタミンAですが、うなぎの身にも豊富に含まれていました。うなぎは動物性由来のビタミンAであるレチノールが特に豊富なんだそうです。

体に溜まりやすい

しかもレチノール(ビタミンA)はいったん体に入ると排出されにくいようです。妊娠中はうなぎは本気で控えたほうが良さそうです。まぁ、うなぎ一切れが500円くらい(国産品の場合)するので、この予算があれば他の食品からとれば問題ないです。うなぎ好きの妊婦さんは出産までは我慢ですね~。

error: Content is protected !!