お出かけ中のおむつ処理の技と持ち物

お出かけ中のおむつ、処理に困ったり場所がなかったり、おむつの匂いがきになったりします。持っていると便利なアイテム、緊急オムツ交換場所などの技を紹介します。

スポンサードリンク

おむつを替える場所がない

おむつ交換台が無い場所でどうすればいいのか?色んな方法があるので紹介します。

車の中

自家用車なら車の中でおむつを替えてしまって大丈夫です。車のシートを汚してしまうと落としにくいのでオムツ替えシートを持っていくと良いです。おむつ替えシートは結構厚いので1枚あれば1日使えます。

赤ちゃんのおむつ替えが必要なうちは車に大きなクッションを用意しておくと下が柔らかくて赤ちゃんも痛くないと思います。長座布団みたいに大きいものだと車で出た先で停車してお昼寝とかも出来ちゃいます。

オムツ交換台が汚い

おむつを替える場所はあるけど(デパートのおむつ交換台)前の人が綺麗に使っていなくて、汚いから使いたくないな…という時があります。

デパートに行くから安心していたのに…ティッシュじゃあんまり綺麗にならないし…。あの台って人によっては靴のまま乗せたりしているので綺麗かどうかはわかりません。どっちかというと汚いと思います。

除菌ティッシュ、スプレー

そこで!汚い交換台に除菌ティッシュとスプレーで綺麗にしてしまいます。気休め?じゃないの?と夫に言われましたが気分が全然違います。おむつを替える気持ちに前向きになれます。

除菌ティッシュとかはじゃんじゃん使いたいので安いやつが良いです。惜しみなく使える感じのが良いです。

洋式トイレの蓋の上

本当におむつを替える場所がない時はトイレの蓋の上で替えます。これは体重が7キロ以下くらいの子じゃないと蓋が割れそうなのでおすすめしません。

蓋の上も汚れている前提で除菌したり、おむつ替えシートを使います。ふたの上は安定しないので子どもを押さえながら替えないと危険です。いやぁ、最終手段だと思います。危ないです。

スポンサードリンク

おむつの匂い対策

出先だとおむつを持ち帰らないといけないです。(捨てて良い場所もあるけど)そこで困るのが匂いです。自分は良くても周囲の人が死にそうになりますので注意しないといけません。

専用の袋

おむつの匂いを抑えるビニール袋が売っています。値段がびっくりするくらいビニール袋しては高いです。でもその値段を払ってもいい、というくらい効果があります。大人用のおむつにも使えるほど強力な臭いもカットします。

家で使うには高いですが、お出かけ中に使うならこれを買っても惜しくないです。車に使用済みおむつをのせても満員電車もいけます。

新聞紙+ビニール袋

お金をかけない方法なら新聞紙も使えます。使用済みおむつを新聞紙でくるんで一緒にビニール袋に入れるだけです。新聞紙が匂いを吸い取るのかグッと臭くなくなります。

スポンサードリンク

まとめ

お出かけ中のおむつ処理、おむつを替える場所がなかったらおむつ替えシートでどこでもおむつ替えスペースにできます。自家用車があればおむつ替えに便利です。とりあえず車に戻ればお世話スペースが確保できるので。

おむつの匂い対策は専用のビニール袋がおすすめです。普通のビニール袋を使うなら新聞紙でくるむと匂いが減ります。

error: Content is protected !!