Hcg注射で妊娠確率をアップさせるhcg療法

生理不順などで排卵日がはっきりしないなどに 、確実に排卵を起こすことができる hcg 注射。 hcg 注射を使ったタイミング妊娠法について紹介します。

Hcg 注射のしくみ

hcg ホルモンというのは本来赤ちゃんが内膜に着床した時に赤ちゃん自身が hcgというホルモン を分泌します。そんなhcg ホルモンを注射するだけでどうして排卵するのか?という部分が気になったので調べてみました。

排卵を起こすホルモンと同じ働きをするhcg注射

普通に排卵する場合は卵巣の中で卵胞が育っていて、卵胞期という卵子を育てる期間を過ごしているうちに視床下部から ゴナドトロピン放出ホルモンが分泌されてきます。そして排卵期が訪れるとゴナドトロピン放出ホルモンの働きが強くなってきて脳下垂体から黄体形成ホルモンが分泌されて排卵がおきます。

排卵に必要な引き金となっているホルモンは黄体形成ホルモンと言います。

hcg 注射はその黄体形成ホルモンのと同じ働きを持っているので、体から分泌される黄体形成ホルモンと同じように排卵が起きるという仕組みです。

どんな人が hcg 注射(ゴナドトロピン療法)を受けたら効果的なのか?

色々な理由で排卵が起きない場合に hcg 療法が効果的だと言われています。

クエン酸クロミフェンやクロミッドを使ってもうまく排卵が起きなかったり、視床下部や下垂体が原因で月経が起きない場合にも、hcg 注射をすることで排卵を起こして妊娠に結びつくことがあります。

その他にも体外受精をする場合たくさんの卵子を保存する必要がありますが、この時も hcg 注射を使ってたくさんの卵子を放出させるために使うことが多いです。

クロミッドと hcg 注射どっちが効くの?

排卵に効果がある薬として使われている有名な薬にクロミッドがあります。

クロミッドと hcg 注射両方やれば効果的なのかというと、そういうわけでもないようです。クロミッドは卵胞を育てる薬で、いわば卵胞の中の卵子を(受精できる排卵可能な大きさまで)育てるという働きがあります。

hcg 注射は 直接排卵を促す働きがあります。

薬品名 効果
クロミッド 卵胞を育てる
hcg 注射 排卵を促す

クロミッドと hcg 注射は働きと目的が違うので、どっちの薬が効く、というのも両方使えば効果が上がるということでもありません。クロミッドと hcg 注射の使い方はそれぞれのホルモンの分泌量や卵胞の育ち具合によって変わってきます。

卵胞の育ちを促しながら排卵させる場合

卵胞の育ちを管理しながらさらに排卵させる場合はクロミッドと hcg 注射の両方を使うことが多いようです。この場合、クロミッドを使いながら受診して超音波で卵胞の大きさを確認しながら治療を行います。

排卵だけを促す場合

卵胞の育ちに特に問題がなく排卵だけを調整する場合は hcg 注射だけを行うことが多いようです。

Hcg 注射を使うといつ排卵が起きるのか

hcg shotshcg 注射を打った後、1日から1日半後に排卵が起きます。

排卵を促すホルモンを直接体に入れるので24時間後から36時間後には必ず排卵します。

タイミングを取る時期としては注射したその日と次の日が一番妊娠の確率が高くなります。 hcg 注射を使った場合でも精子が卵子を待つ状態にしたいので( 卵子の受精可能な時間は約6時間)排卵が起きる前にタイミングをとると妊娠率がアップします。

どんな人が hcg 療法を受けるように勧められるのか

広く行われている治療としてクロミッドという飲み薬で排卵を促すことが多いです。 そのクロミッドによる治療にあまり効果がなかった場合や排卵障害が疑われる場合に hcg 療法を勧められることがあります。

また黄体ホルモンの分泌があまり良くないと考えられる場合も、受精卵の着床や妊娠を維持する目的で hg 療法が行われることがあります。 Hcg 注射は排卵を促すだけでなく黄体ホルモンの分泌も促進してくれるので、妊娠に必要な量の黄体ホルモン補充する目的で使われているようです。

hcg療法まとめ

排卵しづらい場合や妊娠を継続するために必要な量の黄体ホルモンを出すためにhcg注射をすることがあります。

タイミングが合うとかなり妊娠率を上げることができるようです。

hcg注射の副作用などが気になる場合はこちらの記事をどうぞ

Hcg療法は効果があるのか?副作用も気になる
hcg 療法に使われている hcg 注射には排卵を促して妊娠しやすくなるという大きなメリットがあります。 しかし hcg 注射のデメリットで...
error: Content is protected !!