お出かけ中のぐずり対策「最強は抱っこ歩き」

赤ちゃんとお出かけしているときにぐずられると困りますね。おもちゃとか色んな方法もありますが、うちの子に一番効果があったのが「抱っこ歩き」でした。

スポンサードリンク

お出かけ中のグズり対策

機嫌も良いし出かけよう、と出たらグズって泣いてしまう赤ちゃん。グズり対策を色々試しました。

絵本

気に入っている絵本があれば良いですが、読んで泣き止むのは初めの1回だけで鈍器に早変わりしたりします。本好きな子ならいいですが、うちの子は武器でしたね。

おもちゃ

歯固めとかガラガラとかサッシー(sassy)とかのおもちゃもたくさん持たせましたが、一瞬だけ興味を持ってくれるものの、やはり最終的には鈍器です。

スマホ

スマホで動画を延々と見せて置けば大人しい…かもしれませんが、スマホをベッタベタに舐められたり、視力が落ちたり…と考えると最終手段な感じです。

ミルク追加

外出するとおっぱいの出る量が減るのか、赤ちゃんがお腹が空きやすいのか…ミルクを追加すると泣き止むこともありました。低月齢の時はミルクで解決しやすかったです。

手遊び

いないいないばぁとか、あっち向いてホイ、キャベツ青虫とかを延々とやります。やっている間だけは泣き止んでくれたりします。(親がしんどいです)

歌ってあげると喜んでくれる赤ちゃんもいます。うちは私の歌が下手なのか、選曲がいけないのか…効果が無かったです。

温めたり冷やしたり

暑すぎたり寒すぎたりしてもグズるので、靴下を外したりブランケットをかけたりして体温調節をすると泣き止むことがありました。

おんぶであやす

おんぶしてお尻をポンポンしてあげると泣き止んだりします。おんぶして家事をやったり歩いたりすると良い感じの振動で寝てくれたりします。

抱っこであやす

おんぶよりも抱っこであやす方がさらに効果的です。おっぱいの匂いなのか、ママの顔が見えるからなのかおんぶよりも強力に誘眠効果がありました。

スポンサードリンク

一番泣き止むのが抱っこ歩き

私が泣き止ませるためにやってきた方法の中で一番効果があったのが抱っこ歩きでした。抱っこをして散歩、これが一番よかったです。

産後太りも解消

赤ちゃんをあやすために抱っこ歩きをすると、産後太りも解消されたりしてママにとってもいい方法だったと思います。赤ちゃんは泣き止むわ、痩せるわ、でいいですよ。(でもママも疲れが溜まって眠りたい時期で辛いですけども)

スポンサードリンク

まとめ

赤ちゃんをあやす方法はおもちゃを使ったり絵本を読んだり、と色々あります。中でも一番うちの子に効果があったのが抱っこ歩きでした。

こうして振り返ってみると、あやすためには道具って必要なかったかも…と思います。道具よりはお母さんが相手をしてあげる、というのが必要だったんだと思いました。(だからもしかしたら手ぶらでいいかもしれない)

error: Content is protected !!