男性不妊、夫をEDにしてしまう環境

不妊治療に夫の協力は不可欠ですが、心理的に追い込まれたりしてEDになってしまうこともあります。

IMG_2036_s

スポンサードリンク

夫に言ってはいけないことを言ってしまう原因

不妊治療をしていて、夫が治療に協力してくれなくなる原因を作ることがあります。それはちょっとしたひと言、些細な喧嘩のことから始まったりします。

どうして喧嘩になってしまうのか?喧嘩になりそうな状況をまとめました。

スポンサードリンク

周囲に相談できない

不妊治療をしていること自体、夫婦以外のだれかに相談できるものではないですよね。迂闊に友人に言ってしまい、「不妊で悩んでいる」なんて仲間内に広まって傷つくことだってあります。

妊娠できた人には不妊の問題は理解してもらいにくいし、安易な言葉で慰められると気持ちを逆なでされるようでイライラしてみじめな気持ちになり…不妊で悩むと自分のドロドロした部分を嫌というほど知るようになります。

不妊に悩んでいる時は気晴らしだったはずの友人関係も苦痛になったり、自己否定感が強くなって基本的にイライラしてしまっています。

妊娠するまで夫に不満が溜まり続ける

不妊治療している時は、目標が「妊娠」なのでこれが叶わない限りはずっと夫に対して不満が続くわけです。目標に向かって共に努力してくれれば妻だって少しづつでも前進しているから妊娠の可能性があると頑張れるものです。

でも不妊治療そのものを夫がやってくれなかったり、無関心だと「絶対に妊娠はできない」現実に妻はすごくイライラします。イライラや怒りの底には絶望とか悲しさが隠れていると思います。

不妊の悲しさを知られたくない

子供が欲しいのに産めない悲しさを誰かに見せたい人っていないんじゃないでしょうか?「妊娠できなくて悲しい」って素直に言える人っているんでしょうか?表面的には夫への不満として表れていますが、根底にある妊娠できない悲しさを悟られたくないので誰にも相談したくない気持ちになっていました。

スポンサードリンク

不妊治療は女性ばかりが痛い思いをする?

男性が不妊原因を探るとき、精子採取とかそれほど体に負担がかかる検査ってありません。女性の場合は卵管が詰まっていないかとか、子宮にトラブルはないかとかの検査で体への負担が大きいのが現状です。その中で妻のほうが「私のほうが痛い思いをして不妊治療をしているのに、痛くもない夫がなぜそんなに不妊治療を嫌がるのか」に腹をたてるようになります。

産む女性の方が検査が多いのは当たり前だけど

不妊治療中は女性の負担は大きいですが、産むのは女性なので検査が多いのは当然といえば当然なんだと思います。「夫ばかり楽をしているように見える」のは妻の気持ちや負担を二人で分かち合えていない時なんだと思います。

そもそも妻の負担や気持ちを分かち合おうとしてくれる夫なのか?を見極めないといけないです。夫が子供がいなくても良い、という人なら分かち合うよりも自分1人で乗り越えた方が上手く行くと思います。

男性は体の負担より心の負担が大きい

男性の場合、不妊検査自体は精液検査や睾丸、精管の通りを調べるくらいで検査は女性よりも負担は少ないかもしれません。けれど一回検査すれば決定的な結果を突きつけられます。もし男性不妊が分かったとしたら…男性の場合も女性と同じようにショックが大きいです。

体の負担が少ない分、心理的な負担が大きくクローズアップされるというか、大きく感じてしまうようです。

男性不妊は男としてズタボロになるかもしれない

男性の場合、決定的な不妊理由があればそれは「無精子症」などの精子に問題がある場合です。無精子症という診断が出てしまうと夫との妊娠は望めないという結論が出てしまいます。これは男性にとって決定的な結果です。男性としてのプライドを医学的に打ちのめされるのです。

女性だって不妊原因が女性にあれば同じように打ちのめされますが、男性は社会的な生き物で、自尊心や自己肯定心がなければ男性として自信が持てなくなります。

女性でも不妊は辛いですが、男性の場合は日頃から「自分らしく」というより「集団の中の自分」として社会で生きている分、不妊は辛い事実になるようです。

無理強いするとEDの危険も

女性からしてみると「そんなプライドいったん捨ててほしい、赤ちゃんが欲しい」と思いますが、男性が大切にするプライドを軽んじると取り返しがつかないかもしれません。

妻が強く妊娠したいといえば夫は応えるかもしれませんが、夫の気持ちを尊重しないと徐々に身体に影響がでることがあります。一番問題になるのがEDです。妊娠に一番大切な夫婦生活自体ができない、妊娠を意識したとたんに夫に元気がなくなった、こんな事が起きるかもしれません。

夫がプレッシャーを感じている様子とは

タイミング療法を試している場合、排卵日には毎回意気込んでしまうと思います。特に妻側は痛みのある治療をしているので「今度こそ!」と期待してしまいます。

夫はそんな妻の意気込みや負担を肌で感じています。男性が妊娠に対して本気で取り組めば取り組むほど、心理的な負担も増えるのではないでしょうか。ましてや目の前で人知れず頑張る妻とか…相当なプレッシャーを感じるはずです。

もし排卵日付近で「今日は疲れている」といって行為ができなかった事があれば夫は辛い気持ちを抱えているかもしれません。言葉にしないだけで夫も本気で不妊に対して努力している最中かもしれません。

不妊治療は一丸となるよりも、自然な雰囲気重視のほうがいいのかも

妊娠に悩む前は夫婦は意志を同じにして一丸となって問題に取り組むべき、という考えがありました。すごく理想論で、夫婦といっても別の人間、それぞれの考え方があることを一切尊重していないですよね。そのためか、うまく解決できないこともありました。

今、不妊の問題にあたって私が考えるのは「自然な妊娠」です。タイミング療法とかそういう自然さのことではなくて「夫を心理的に羽交い締めにしないで、普段の雰囲気で仲良くできる」ことって大切だと思うんですよね。夫の自尊心を破壊しながら妊活しても「それって夫婦として幸せなの?」と疑問に思うからです。

error: Content is protected !!