なんだか風邪っぽいのも妊娠の症状

妊娠のごく初期から妊娠の症状が現れ始めます。つわりのような気持ち悪さ以外にも風邪のような症状が妊娠の兆候の場合があります。風邪っぽい時でも妊娠の可能性があるなら市販の風邪薬を飲むのはやめた方がいいかもしれません。

風邪と間違えやすい妊娠の症状

妊娠の症状は風邪の症状と似ているものがあります。

  • なんだかだるい
  • 微熱がある(しかも微熱が続く)
  • 頭が痛い
  • 腰が痛い
  • 疲れが溜まった感じ
  • 気持ち悪い

一言でいうと「なんか調子悪い」という状態が続きます。この時に風邪と勘違いして風邪薬を飲むと、一番赤ちゃんに影響が大きい時期なのでなるべく避けたほうがいいです。

間違って風邪薬を飲んでしまっても必ずしも悪い影響があるわけではないので、飲んでしまった場合は赤ちゃんの状態を医師に確認してみてください。ほとんどの場合は生命に影響がでるほどではないと思いますが、確認してみてください。

鼻水と鼻づまりがあれば妊娠じゃなくて風邪?

妊娠して風邪っぽいのはホルモンバランスが崩れているのと自律神経が影響をうけて体調が変化しています。自律神経の乱れは本当に病気なんじゃないかというくらい激しい症状が出たりするので症状からは「妊娠なのか風邪なのか」判断するのは難しいかもしれません。

風邪の場合はウイルスが体の中に入ってきた防衛反応が症状としてでています。妊娠のときの症状と決定的に違うとしたら喉の痛みや腫れが出たら風邪である可能性が高いと思います。単に鼻水が出始めただけでは妊娠した場合の症状かもしれないので慎重に対処する必要があります。

さらに妊娠すると妊娠のホルモンバランスの影響で妊娠性の鼻炎になる場合もあるので妊娠に心当たりがある場合は薬は飲まない方がよさそうです。

妊娠による風邪っぽさはいつからいつまで続くの?

妊娠のだるさの原因はホルモンバランスや自律神経に影響することなので、ホルモンの出方などの個人差が大きいです。PMSがある人だと排卵日以降ずっとだるさが出てしまうこともあります。風邪っぽさが妊娠の症状として現れない人は全くでなかったりします。

風邪っぽさが落ち着く時期は早い人で16週頃に落ち着くようですが、私の場合は24週くらいまでずっと続きました。ずっと風邪っぽいというよりもずっとだるい感じが続きました。多くの人が6か月の安定期ころまでにはほぼ落ち着いてくるようです。

妊娠の風邪っぽさは気合でなんとかなるか?

妊娠でだるい、風邪っぽい場合は「風邪じゃないんだから」と妊婦本人が頑張ったり、周りの人も病気じゃないなら大丈夫だろう、と考えてしまいがちです。でも風邪のような症状通り、体のつらさは同じです。むしろ風邪薬などで症状が抑えられないのでどうすることもできなくて辛く感じてしまうかもしれません。

夫や身内から妊娠したからといってだらけてばかりいる、とか責められたらとうとうと説明するなり無視しておけばいいかもしれませんが、まだ仕事を続けている場合は職場に理解してもらう方が仕事がスムーズに進むと思います。

職場には母性健康管理指導事項連絡カードを使うのがおすすめ

病気を職場に報告する場合に診断書の提出が求められますが、診断書を出してもらうのにある程度の費用が掛かります。母性健康管理指導事項連絡カードは診断書よりも安価に妊娠の状態を証明できます。また証明書としての信頼性も診断書と同等です。

職場によっては診断書でないといけない規定でなければ母性健康管理指導事項連絡カードの方が安価なのでおすすめです。

病院によっては診断書よりも母性健康管理指導事項連絡カードの方が高い場合もあるようなので(ほとんどの場合は母性健康管理指導事項連絡カードの方が安いけど)証明が必要な場合は病院へ金額等も相談してみてください。

母性健康管理指導事項連絡カードは厚生労働省のホームページからダウンロードできます。↓のリンクから。

母性健康管理指導事項連絡カードの活用方法について|厚生労働省
母性健康管理指導事項連絡カードの活用方法についてについて紹介しています。
error: Content is protected !!