他人のアドバイスよりも自己分析したほうが妊娠しやすくなると思う

妊娠の仕組みは学校で教えても、どうすれば妊娠しやすいのか?いつ妊娠するのがベストなのか?ということはほとんど教えていないです。妊娠するためには自分から動かないとタイミングを逃したり、赤ちゃんに悪影響があることをやってしまうと感じます。

記事を読む

排卵日3日前が妊娠率アップ!受精卵に精子を送ると流産する?

排卵日付近で 仲良くすれば妊娠しやすいという話は 有名ですよね 。 だから 日数を計算して 頑張るわけですが 、 この話が本当なのか 以前から気になっていました 。毎日仲良くして受精できたら、さらに精子を送ると流産してしまうのかも気になって調べてみました。

記事を読む

低体重児、ダウン症や染色体異常を減らすには

低体重児、ダウン症、奇形児などのリスクを減らすためにできることは何でしょうか? ダウン症、奇形児などの出現は染色体異常によるものです。低体重児は母体の要因なども絡みますが、胎児になんらかのトラブルやハンデがある場合も子宮内での発育が遅れて低体重児となる場合があります。 このような染色体異常が起きるリスクを減らすために何が必要なのか調べました。

記事を読む

冷凍保存で葉酸は減る?冷凍枝豆が最適

自炊している人は意外なところで葉酸不足になっているかもしれません。作り置き、冷凍保存をしている場合、葉酸が少なくなっていたり壊れてしまうことがあります。

記事を読む

HCG注射後はいつまで妊娠検査薬が反応するの?[hcgの影響]

不妊治療中に使われるHCG注射は妊娠検査薬を反応させてしまい、疑陽性が出てしまいます。HCG注射の影響はいつまで続くのか、体験談などを集めて調べました。HCGの量によって疑陽性になる期間がどれくらい違うのかについてもまとめています。

記事を読む

HCG注射は卵子の質に影響する?料金と副作用について

不妊治療によく使われるHCG、どんな効果があるのでしょうか?HCG注射って治療費が高いの?という疑問やHCG注射の効果、副作用、使用による卵子の劣化などの話についてまとめています。

記事を読む

貧血だと妊娠しにくい体質に?卵子の老化が加速するらしい

血液検査をやったところ、貧血を指摘されました。ヘモグロビンが9.7です。(女性の標準値は11から15)妊娠を目指すうえで貧血はちょっとまずい状態です。妊娠しにくくなるのです。そればかりか卵子や子宮の老化が加速することもある恐ろしい病気が貧血なのです。

記事を読む

[小頭症]海外旅行中はジカ熱に注意。妊婦は虫よけを!

妊娠中にジカウイルス感染症にかかると赤ちゃんに影響があるようです。ジカウイルスは蚊が媒介するようなので海外に行く予定があるとか、夏場など蚊が多い時期は虫よけで対処すると予防できるみたいです。

記事を読む

男性不妊、夫をEDにしてしまう環境

不妊治療に夫の協力は不可欠ですが、心理的に追い込まれたりしてEDになってしまうこともあります。

記事を読む

妊娠中のコーヒーを飲める量は?かわりにルイボスティーを飲む

コーヒー好きですがカフェインが赤ちゃんに良くないのでルイボスティーにかえることにしました。ルイボスティーには妊娠しやすくなるという効果もあるようです。他に効果があるのかまとめました。

記事を読む

error: Content is protected !!