自分の親が不妊体質だと遺伝する?

自分の親が不妊体質だった場合、その娘も遺伝するのか?調べてみました。子宮の形のような気質は遺伝するようですが、決定的に不妊につながるような卵管の詰まりなどは遺伝しないようです。

親の不妊体質は娘に遺伝するのか?

自分の母親が不妊体質だった場合、娘である自分も不妊傾向があるのか?疑問に思ったので調べてみました。結論としては体質だけは遺伝するけれど、不妊になる決定的な体質までは遺伝しない…ということです。

調べて行く中で、不妊原因というのは色んな可能性があって、一概にこれが原因だ、とは言えないため不妊体質を親のせいにできないし、不妊体質であっても自分を産んでくれたから、自分も産める…とも言えないことです。

つまりは遺伝だけじゃ、不妊問題は片付かない…というなんともモヤモヤする結論なのです。なので、どんなことが遺伝する可能性があるのか調べました。

子宮の形が遺伝する

親と顔が似るように内臓の形も親に似るようです。私は今まで、内臓の形って決まり切っているものだと思っていましたが、個人によって形が違うんですね。子宮も千差万別で色んな形があるようです。なので、妊娠しやすい形…しにくい形がある…ということです。

妊娠しにくい子宮の形って?

正常な形、といわれる子宮を持つ人の割合が95パーセントで、子宮奇形といわれる形の子宮を持つ人の割合が5パーセントほどです。25人に1人の割合で子宮奇形の人がいるわけですが、奇形があると妊娠しにくいことがあるようです。

子宮奇形でも治療することなく妊娠することができるし、ほとんどの場合は治療の必要はないと思います。というか、治療したからといって妊娠できる保証がないのでリスクの方が高いかもしれません。

子宮奇形の検査

もしかしたら自分は子宮奇形じゃなかろうか?と思ったら検査する方法もあります。子宮の大きさが半分とか、卵管がひとつだけとか、エコー検査でわかることもあります。子宮の内部で奇形が起きている場合は子宮鏡検査を受けると分かります。

子宮鏡検査でわかること

子宮鏡検査を受けるとほぼ、同時に卵管に通水検査も一緒に受けることになると思います。そうすると卵管の詰まりがないかもわかるので、子宮と卵管に妊娠できる環境が整っているか分かります。

料金は5000円くらいから1万円くらいだと思います。初診料などが含まれるともう少しかかるかもしれません。

ホルモン分泌が似ている場合

生理の始まりも、閉経時期も親に似る…といわれていますが、これはホルモン分泌の仕方が似ているから、だとも言われています。ただ、親子2世代以上での研究結果が少ないために、遺伝であるとはっきりしたわけではありません。諸説ありますが、遺伝する可能性があります。

ホルモン分泌が似ているとどんな不妊体質が似るのかというと、黄体ホルモンの分泌が不十分で着床しにくい、とか、ホルモン分泌が異常で多嚢胞性卵巣症候群になり排卵していない…という体質が似ることもあります。

平熱の体温が似る場合

低体温よりも高体温の方が妊娠しやすい、といわれています。平熱が35度前後の人は36度前後が平熱の人よりも妊娠しにくいとか。平熱と妊娠しやすさとの関係性も否定する意見があり、(体温をあげれば妊娠するというような確証がない)やっぱり決定打に欠けますが、平熱は親子で似るようです。

もし、低体温で妊娠しにくいんじゃないか?と思うなら運動するとか冷え取りするとかで体温をあげてみると良いと思います。やって損はないし、妊娠したら保温するのは当たりまえの日常になるので…。体温をあげただけであっさり妊娠した、という報告もあったのでやってみる価値があると思います。

不妊は遺伝じゃないか?と思ったら検査しよう

不妊で悩んでいるときに、自分の親に妊娠したときの様子などを聞くと参考になるかもしれません。妊娠に苦労した親の場合は親身になってくれるかもしれないですね。色々アドバイスもくれたりするかもしれません。

けれど、そのアドバイスをやってみて妊娠しなかった場合、結構微妙な空気になったりします。やり方がおかしいんじゃ?とかあなたはコレをやってないから、とか、何が足りないとか。

楽しく過ごせるなら良いんですが、時間は無残に過ぎていくし、なんだかストレスがたまる…なんてことになりそうなら初めから病院で検査した方が親子関係がうまくいくと思います。

妊娠については親子というより、夫婦の問題であるので夫のことも話さなきゃいけなくなったりします。親といえど自分の家庭に色々と言われて愉快な人はいないと思います。結局、不妊の原因は検査でしか探れないので、夫婦二人で乗り越えていくのをおすすめします。

親に相談した、私の体験

私は不妊の原因を相談したクチなんですが、あんまり有益な情報は手に入りませんでした。もちろん親によると思いますが…。

私「ねぇ、妊娠したいと思ったら妊娠したの?」

母「うん、自然にできた。気持ち悪いと思ったらつわりで、妊娠してた。なんだか無性に焼き芋が食べたくなってねね、あの時お父さんがね、オートバイで焼き芋屋を追っかけて焼き芋を買ってきてくれて…」

私「いや…妊娠前のことは…?」(ずっと母が一人で話し続けているので言えない)

母「で、産むときはウンコするときみたいに産むんだよ!!!」

笑い話になって終わりました。

なんかさ、妊娠にまつわる嬉しかったこととか、印象的だったことにフォーカスされちゃうんだと思います。なので、自分が欲しい情報は聞き出せないような気がします。自分が生まれる前のことや両親の様子が聞けて楽しいけど。

error: Content is protected !!