あさイチでプレコンセプションケア(妊娠前管理)を紹介

妊娠前に妊娠に関する体の状態を検査しようというプレコンセプションケアという特集をNHKの情報番組あさイチでやっていました。この検査をするとどんなメリットがあるのかまとめておきます。

プレコンセプションケアとは

preconception-care

プレコンセプションケアというのは妊娠前管理と訳すそうで、簡単に言うと妊娠に障害となる病気や問題がないか検査するものです。女性の方が検査項目が多いですが、男性向けの検査もあります。

あさイチの番組内ではプレコンセプションケアを受けた女性が甲状腺機能低下症が見つかって不妊の原因が分かりました。

検査をうけられる場所

このプレコンセプションケアは都内や政令都市など大きな都市では専門の窓口があるかもしれません。人間ドッグのように予約して半日ほど検査をします。

地方都市などでコンセプションケアを受ける場合は総合病院の産婦人科や専門クリニックで相談してみれば同じ検査をしてくれると思います。

プレコンセプションケアの主な検査項目

番組内で取り上げられていた主な検査項目が次の3つでした。

甲状腺疾患…不妊流産早産

糖尿病…流産、先天異常、病状悪化

高血圧…胎児の発育遅れ、病状悪化

この3つの病気はとくに妊娠に影響があるのでどこの病院で検査を受けても検査項目に含まれていると思います。ちょっと検索してみたところ、国立成育医療研究センターでの検査項目が案内されていました。

検査項目

判定項目

検査内容

ベーシックプラン

学生用シンプルプラン

オプション

身体計測

肥満度

身長、体重、体格指数(BMI)、腹囲、体脂肪、体組成

血圧測定 血圧 収縮期血圧、拡張期血圧
尿検査

尿検査

尿定性、尿沈査

便検査 便潜血 便ヘモグロビン/トランスフェリン
血液検査

貧血・凝固能

赤血球、血色素量、ヘマトクリット、MCV、MCH、MCHC、PT、APTT

血小板数 血小板数

白血球数

白血球数

栄養 総蛋白、アルブミン、血清鉄/UIBC

葉酸

25-OHビタミンD

肝機能

総ビリルビン、AST、ALT、ALP、γGTP

腎機能・電解質 尿素窒素、クレアチニン、ナトリウム、カリウム、クロール、カルシウム、リン、尿酸

脂質代謝

総コレステロール、中性脂肪、HDLコレステロール、LDLコレステロール

糖代謝 血糖、HbA1c

インスリン

甲状腺機能

TSH、FreeT4

抗TPO抗体

梅毒 梅毒定性

B型肝炎

HBs抗原

C型肝炎 HCV抗体

風疹(三日はしか)

風疹ウィルス抗体

麻疹(はしか)・水痘(みずぼうそう)・ムンプス(おたふくかぜ) 麻疹ウィルス抗体・水痘・帯状ヘルペスウイルス抗体・ムンプスウイルス抗体

膠原病

抗核抗体

卵巣年齢 抗ミュラー管ホルモン

HIV感染

HIV抗原/抗体

血液型 ABO型、Rh型
画像検査

胸部X線撮影

立位正面、立位側面

内臓スクリーニング 腹部超音波検査

骨塩定量

腰椎正面(DEXA法)

生理機能検査 心電図検査 12誘導心電図検査
婦人科検査(内診)

クラミジア感染症

採血(クラミジア・トラコマティス IgA/IgG)

国立成育医療研究センターより引用

この中で気になったのが卵巣年齢での検査、抗ミュラー管ホルモンの検査です。他の検査は健康診断っぽいというか、一般検査の範疇な感じですが、この検査だけは婦人科ならではです。あ、でも卵巣年齢の検査はオプションみたいです。8500円します。

料金はどれくらい?

番組内で伝えられた検査費用は3万5千円くらいということでした。国立成育医療研究センターの料金プランをみると標準料金が35000円、学生プランが28000円でした。

他にも葉酸代謝などの検査をオプションで付けることができて、妊娠についての不安要素はすべて網羅して検査できますね。ただ、自由診療なので10割負担ということもあり料金が高いです。ちょっとオプション付けたら5万円くらいはかかりそうです。

人間ドッグの方が良いんじゃないか

プレコンセプションケア…ちょっとした人間ドッグ並みなので、人間ドッグを受けたほうが良いか悩む値段です…。

だってね、検査項目をみると人間ドッグの検査とほぼ一緒じゃない?だったら補助が出る(健康保険組合によるけど人間ドッグって補助金が出ることがある)人間ドッグを受けた方が個人的には良いような…。

プレコンセプションケアの主な検査項目の糖尿病、高血圧、甲状腺機能は人間ドッグでも発見できそう…。というか人間ドッグとあまり検査内容は変わらないですね。女性に特化した人間ドッグがプレコンセプションケアという理解でもいいかもしれない。

どんな人にプレコンセプションケアがおすすめか?

既婚で30代だったら…人間ドッグを優先させて婦人科領域は婦人科を受診して相談したほうがその後アフターも診てくれるので、その方が良いと思いました。既婚で30代なら挙児希望で受診しやすいと思うし。

でも20代で新婚だったり、未婚だった場合は産婦人科で検査ってお願いしにくいです。意識高い人と見てくれると良いけど、地方だと看護師さんは「若いのに何か不妊の原因に心当たりがあるの?」っていう態度されるので。20代前半の人、未婚や新婚の人だと病気のリスクもほとんど無いので人間ドッグを受けるよりもプレコンセプションケアを受けるメリットが大きくなります。

料金まとめ

プレコンセプションケアの予算は3万円から5万円くらい

人間ドッグも料金は同じ3万円から5万円くらいですが補助が出るかどうか入っている健康保険組合に確認すると安く受けられます。

error: Content is protected !!