なんども流産を繰り返す不育症

不妊症というと、なかなか妊娠できないというイメージが大きいですが流産を繰り返して妊娠が継続できないという意味では繰り返す流産や赤ちゃんが子宮で育たない不育症も不妊と考えるべきだと思います。

スポンサードリンク

何度も流産をすると4回目の妊娠は80%流産するらしい

何度も流産を繰り返すことを習慣性流産と医学的にいうそうです。基準としては3回流産が続くと習慣性流産という診断になります。

じゃあ、2回までは医学的に問題ないのか?というとそういうわけでもなさそうです。1回流産した人は繰り返す確率が高く、2回目も流産する確率は30%もあります。

流産を繰り返すと流産率は上がる

また2回流産を繰り返した人は3回目も流産する確率は60パーセント、4回目は80パーセントと増えていきます。

つまり何回も流産を繰り返す人は次の妊娠も流産になってしまう確率が高い、流産になる原因がある、というわけです。

スポンサードリンク

赤ちゃんが子宮で育たない不育症

流産になってしまう大きな原因は赤ちゃん自身の染色体異常が原因です。これは対処しようがない原因で、健康で問題ない母体の場合でも一定の割合で起こります。

でも不育症というのは赤ちゃんの染色体異常がなくても、赤ちゃんが発育途中で亡くなってしまって流産が起こります。何らかの原因で流産を繰り返す人はこの不育症を疑って検査していくことになります。

スポンサードリンク

不育症の検査は何回目の流産でした方がいいのか?

妊娠して経過観察…

流産の可能性…

処置をする…

という過程はどんなに早くても3か月くらい時間がかかります。

また流産処置直後の妊娠を医師はすすめないので、処置後3か月は子宮を整えるために使います。つまり半年くらいは妊娠できない期間になります。

妊娠したい女性にとって時間は貴重なので妊娠と流産を繰り返して大切な1年が過ぎた…ということは避けたいはずです。

妊娠希望の1年が過ぎるのはあっという間

もし年齢が若くて時間があったとしても一番妊娠しやすいはずの時期に流産を繰り返すようなら早目に対処した方が良いかもしれません。慎重で計画的に妊娠を考える人は1回目の流産で不育症の検査をすることもあるそうです。

もし2回流産を繰り返したら、もうその時点で1年ほど経っていることになり、3回目の流産の確率が60パーセントだということを考えると…2回目が不育症の検査する時期なのかもしれません。

流産確率はただの確率

私の場合、3回目の流産時でも不育症の検査はしませんでした。その時は私自身の知識も少なくて4回目の流産確率が80パーセントだとも知りませんでした。知らなかったらから決断できたのかもしれませんが、「次の4回目も流産だったら不育症検査をする」と決めて、それから生活をガラリと変えました。

3回流産しても妊娠することもある

生活スタイルが変わったのが良かったのかは分かりませんが、4回目の妊娠は無事に出産まで持ちこたえることができました。その3年後にさらにもう一人産むことができました。

確率としては80パーセント流産するはずだったのですが、そうはなりませんでした。何度も流産を経験するとそのたびに辛いですが、どうしても妊娠したいなら何度もトライする価値があるのかもしれません。

流産の処置の繰り返しで不妊になるか?

流産の処置というのは子宮口を開けて子宮内で亡くなっている赤ちゃんを鉗子をつかって取り出すという子宮内容物除去術、子宮そうは術などと呼ばれています。

この処置を受けないと子宮内に残っている胎盤などがくっついて、この後の妊娠に悪影響が残るのでこの手術を受けるのは一般的なことのようです。

(放置して自然に出てくることもあるようですが、少しでも残っていればやはり手術をすることになります)

流産の処置と人工中絶の処置が同じなのか不安になった

個人的に思ったんですが、この処置はいわゆる人工妊娠中絶の方法とほぼ同じじゃないか?と思うんです。中絶を何度も繰り返すと子宮頚管が緩んで子宮頚管無力症になって、赤ちゃんが大きくなってくる5か月以降になると子宮口が開いて流産してしまうとか言われています。

他にも子宮内のものを取り出すときに鉗子で子宮内を傷つけてしまうことがあるようです。特に昔からの方法で手探りで処置している場合は傷ができやすいようです。もし傷がついていた場合は着床しにくくなったり…という話を聞きます。

主治医と話合うか、超音波を使う病院を探す

流産処置の際、子宮に傷をつけて後々の妊娠に影響を残したくない…心配がある場合は主治医としっかり相談した方がいいと思います。

また設備が整っていたり、新しい技術を持っている先生だと超音波断層モニターを使って傷ができないように処置してくれるようです。

設備がない病院でも上手な先生や後のフォローがしっかりできる先生なら安心して任せられると思います。

1回流産した場合は数回流産する可能性があるので、処置方法についての心配はなくしておいたほうが良いですよ。

error: Content is protected !!