妊娠初期の下着、パンツは早く買った方がいい

妊娠初期だと今までの下着をつけていても全然問題ないように思いますが12週頃までには専用の下着を買っておけば良かったと思いました。普段のショーツと同じように使える違和感がないローライズデザインの妊婦ショーツもあります。

スポンサードリンク

妊娠するとおりものが変わる

妊娠するとホルモンの変化からおりものが普段と違ってきます。

  • おりものの量が増える
  • 水っぽいおりものになる
  • 透明なおりものが出る
  • 茶色のおりものが出る

このようなおりものの変化を感じる場合があります。妊娠していない場合、生理前は粘りがあるおりものがでます。妊娠した場合、白いおりものになったり透明なおりものになります。粘り気もなくなってどちらかというとサラサラしたおりものになります。

おりものの変化はホルモンバランスの影響を大きく受けているので、ホルモンの分泌量によって個人差が出てきます。そのため、逆におりものが減ったりすることもあります。おりものの量が少ないからと言って妊娠していないわけではないことに注意してください。

スポンサードリンク

茶色やピンクのおりものは着床出血かも

おりものの変化で一番大きな変化は不正出血のようなおりものです。おりものに色がついたもので、茶色のおりものやピンク色のおりものだったりします。

この茶色やピンクのおりものはどこかで出血が起きている兆候です。生理前や生理後のおりもののような血が混じった感じのものです。

スポンサードリンク

妊娠待ち、妊娠初期なら妊婦用下着が良い

妊娠中や妊娠待ちの場合はおりものの変化に注意する必要があります。妊娠前のショーツでもおりものの変化は分かるかもしれませんが、Tバックとかカラーショーツなどを愛用している場合はおりものの変化がわかりにくくなります。

妊婦用のショーツはクロッチ(股の当て布部分)が白い布で作られているのでおりものの変化が見やすいです。

また妊娠すると下着の締め付けが苦しいと感じるようになったりすることがあります。妊婦用下着はおなかの部分がゆったりできているので苦しさを感じにくくなります。妊娠すると肌が敏感になってゴムが当たる部分がかぶれやすくなるのでゆったりした下着を使ったほうがトラブルが少なくなります。

実際に妊娠しておなかが大きくなった頃に下着を買い始めると5か月くらいしか実質使わないので「もっと早くから使い始めておけば快適に過ごせたし、使い倒せたなぁ」と思います。5か月くらいしか使わないのでまだきれいなうちに出番がなくなってしまうので、すごくもったいないです。

買うなら妊娠初期から使い始めて、サポート力があるショーツがほしくなったら買い足す方が妊娠中快適に過ごせます。

初めてのマタニティショーツはゆったりタイプがおすすめ

妊娠して初めてのショーツはゆったりしたものがいいですが、お試しで安価なものだと3枚1000円くらいのものが人気です。(短期間使用のもので消耗品なので洗い替え用に買われるようです)

↑昔からの妊娠用下着のかたちです。おなかをすっぽり包むデザインです。おなかが冷えやすい人やローライズが苦手な方向きです。

ローライズタイプのマタニティショーツ

新しく出てきた妊娠用ショーツにローライズデザインの妊娠用下着があります。下腹のところがクロスしていて下からおなかを押さえてくれます。産前のまだ全然おなかが大きくならないうちから使えます。おなかが大きくなってからも、妊婦健診で下着をずらす必要がないのでおなかのエコー検査が楽に受けられます。なんといってもいつも使っている下着との違和感がないのが良いですよ。

私は普段からローライズの服を着ているのでハイウエストのショーツに違和感ありまくりだったのでこのローライズショーツがお気に入りでした。

可愛いマタニティショーツ

マタニティショーツといえど、可愛いショーツを履きたい!と探してみると、可愛いタイプのものも売っていました。マタニティ期間を過ぎてもデザインがカワイイのでボロくなるまで使いたくなります。

error: Content is protected !!