精子検査項目の基準値、正常値はどれくらい?

精子検査を受けた場合のそれぞれの検査項目の基準値を調べました。どんな問題があったら妊娠できないのか? どんな不妊の可能性があるのか?病気の可能性などについてまとめました。

自然妊娠ができる精子基準値

世界保健機関(WHO)が定めている精子検査の数値を調べました。下の表が基準値で、この値以上なら受精する能力がある精子だと考えられています。もしこの値よりも下回った場合、そこに男性側の不妊原因が隠れている可能性があります。

検査項目

基準値

精子量 1.5ml 以上
精子濃度 1500万/ml以上
運動率 40%以上
総精子数 3900万以上
正常形態率 4%以上

精子量の基準値1.5ミリリットル以上

1.5ml 以上の精液があれば自然妊娠が可能だという意味です。1ml は1cc と考えると、小さじ一杯が5cc なので だいたい小さじ1/4の精液があれば妊娠できそうです。理屈上はそうなんでしょうけど…小さじ1/4って相当少ないですよね…。でも大丈夫なんだ、なるほど基準値を知っておくというのは色々安心できそうです。

精子濃度基準値15000/ミリリットル以上

精子濃度というのは精液自体の粘り気とか粘度という意味でなく、精液1ml 中にどれくらいの精子が存在しているかを調べた値です。なので精液を観察しただけではわからないので、 不妊原因として知られている無精子症かどうかはこの性器検査をしないと分からないわけです。

運動率基準値40%以上

この運動率について調べていくと国際基準では40%以上ですが、日本の不妊クリニックとかだと30パーセント前後だったりとばらつきがありました。精子の動き方とかにも影響されるようで、単純に動き回っていればよいと言うわけではなく 、高速で動いていたり直進する性質の精子が自然な妊娠には必要な様です。

総精子数基準値3900万以上

この総精子数が少ないと当然妊娠率が下がります。何か病気が隠れていたり、おたふく風邪やホルモン異常、タバコの吸い過ぎで総精子数に影響しています。

正常形態数基準値4%以上

人間の精子のほとんどは正常な形をしていなくて奇形なんだそうです。 奇形精子というのは精子のしっぽがなかったりかけていたりするもので、受精能力がないと言われています。 基準値を下回ると受精可能な精子の数自体が減ってしまうので不妊原因となります。

自分で精子を観察するキットなどの話はこちらから

ネットで出来るの精子検査の性能って?精子を観察しよう
男性は不妊の問題で病院へ行く…ということはなかなかしたがらないです。(経験談)けれど郵送検査ならグッと敷居が下がって検査しようか?まで漕ぎつ...

精子に問題がある場合、付く病名

Sperm inspection

正常な精子は正常携帯数が4%以上、総精子数が3900万個以上で運動率が40%くらいです。それぞれの必要な基準値を満たしていない場合、下のような病名…?が付きます。(精子の量などのトラブルは症状であって病気ではないのですが、原因となる病気が隠れている場合があるので病名と表現します)

乏精子症

精子の量が精液1ml中に3900万以下の場合、乏精子症と判断されます。この乏精子症は受精可能な精子自体の総数が少ないので妊娠確率も下がるために不妊原因となります。どれくらい精子の数が少ないのか?にも程度があって、1ml中500万個以下の場合は体外受精や顕微授精が視野に入ってきます。投薬で良くなることもあるので主治医と検査を繰り返しながら治療していきます。

精子無力症

精子無力症は精子が卵子までたどり着くための運動率が悪い場合に付く病名です。精子は子宮の中から卵管を通って卵管膨大部で受精しますが、精子の動きが悪いと卵管膨大部までたどり着けません。さらに受精するためには卵子の壁を突き破って中に入る必要がありますが、突き破る際にしっぽの勢いがないと破ることができないので受精しにくくなってしまいます。

奇形精子症

人間の精子の96%ほどは奇形精子だと言われていますが、正常な精子がほとんど見つからない奇形精子が100%に近いと奇形精子症と判断されます。しっぽの部分が奇形の精子はDNAが正常なため顕微授精での精子として使えます。頭の部分が奇形の場合はDNA異常があるので正常な受精卵に育ちません。頭部奇形は自然妊娠も顕微授精もできないと考えてよさそうです。

無精子症

男性側の不妊原因として一番重度なのはこの無精子症です。精液の中に精子が全くいないので妊娠の可能性は無くなります。

正常な精子の状態と数値は?

世界保健機関で定めている精子の基準値以上の数値であれば、自然妊娠する可能性が高いとされています。この基準値を上回ったからといって必ず妊娠できるわけではありませんが、ひとつの目安として平均値を知っておくと安心できます。実際にこの数値を下回った人でも自然妊娠に至るケースがあるので、この結果だけを判断材料にする必要は無いと考えています。

また運動率についてですが、ただ動いている精子よりも直線をかなりのスピードで進むことができる正常な精子がどれだけ存在するか?みたいなことが現在では評価されているようです。どうも卵管膨大部まで到着する率と卵子を突き破る能力が、この直進をすごいスピードで進む精子には備わっているようです。

自分にその直進を猛スピードで進む精子が存在するかどうかは病院で精子検査をすればわかりますが、正常な精子が一定数存在するだけで受精能力があるのは判明するので検査結果に一喜一憂しすぎない、ということも大切だと思います。

error: Content is protected !!