繋留流産の手術、麻酔が効かず意識があるうちに始まる

稽留流産となった場合、どんな処置が行われるのか、どんな危険やリスクがあるのかまとめています。ラミナリアで子宮口を広げた後、筋肉注射をして処置をします。手術の体験、手術後の体調、料金や検査内容などの体験談を書いています。Surgery

スポンサードリンク

子宮内容物除去術の流れ

朝一番から病院に予約が入っていました 。繋留流産の手術は子宮口を開いて開いた子宮口から亡くなった赤ちゃんを取り出すという手順で行われます。子宮内の内容物を取り出す時間は長くても20分程度で時間はかかりませんが、子宮口を開くのに時間をかけるそうで朝一番から始まりました。

手術前に赤ちゃんを確認

経膣エコーで赤ちゃんの様子を見ると先週よりも1ミリほど小さくなっていました。綺麗な楕円だった胎嚢も形が崩れてきています。やっぱり心拍は見えず、赤ちゃんが亡くなってしまった事を実感しました。

子宮口を開く

膣内を消毒して 子宮口を広げる処置を始めます。 説明ではタンポンの細いやつみたいな棒状のものを子宮頸部から子宮口へ入れて子宮口を開くそうです。

私の時はラミナリアという子宮口を広げる器具を使いました。他にもラミケンラミセルと言う頚管拡張具があるそうです。

激痛がする

これも入れる時はふとん針を刺しているんじゃないかというくらい痛かったです。 またこれが一瞬だけ痛いだけならまだ我慢もできるんですが、その後腰が重くて大きい金槌でゆっくり叩かれているような痛みがずっと続きます。

処置前、肩に筋肉注射

看護師さんが肩に注射を打ちに来ました。緊張をとるとか、麻酔を効きやすくするという説明を受けました 。この注射もペンチで肩をつままれてちぎられるんじゃないか、というような痛みでした。

手術日当日は相当、心が弱っていて、前日までほとんど何も考えられないというような状態だったのですが、術前の痛みの連続で逆に理性が戻ってきました。

形が崩れてきてしまった胎児の姿を見たせいかもしれません。痛みをよりリアルに感じている自分に、まだ大丈夫、頑張れると感じていました。

子宮内容除去術は全身麻酔

以前に受けた時は子宮内掻爬術 という手術の名前でしたが、その後子宮内容除去術という名前に変わったんでしょうか。今では子宮内容除去術という名前はメジャーみたいです。

意識があるうちに手術開始

この手術では全身麻酔をするようですが、私は麻酔が効きづらかったらしくまだ意識のあるうちに手術が始まりました、と言うか始まってしまいました。

いきなりぐいっと子宮口を開けられて

「ぎゃあああぁ、ラミナリア でゆっくり子宮口を開いていた意味なんてないんじゃないの!!!!!」

というぐらい痛かったです。

痛い痛いと叫ぶと、看護師さんが冷静に「患者さんにまだ意識があります」と言ってさらに麻酔を追加するように医師が指示しました。

意識が飛んだ瞬間、終わる手術

そこで数を10からカウントダウンするように言われました。私としては半分怒っていたんですが、 10、9、7、 まで数えたところで怒りも意識も吹っ飛びました。

次に意識が戻った時は、看護師さんが後の処理をしていてまだ少し横になっているように言われました。私はそっとお腹を撫でて「もういないんだな」と気持ちの区切りをつけようとしていました。

スポンサードリンク

手術後は動けない

私は健康に自信があったので、日帰り手術ならすぐ帰れるだろうと踏んでいました 。日帰り用の入院バッグには単行本や小説などを入れて持ってきていました。

(当時はスマホはおろか携帯もないです)

手術後に暇つぶしをしようと思っていたんですが、全然無理でした。

フラフラして歩けない

全身麻酔というのは手術後もかなり影響されているようです。ボーーーーっと言うか、ふらふらするんです。

私の場合日帰り入院でしたが、体力に自信がなかったり、お迎えがなかったり、自宅が遠いなら一泊二日の入院にした方が体が楽だと思います。

帰って家事とかやるべきことがある人はなおさら入院して強制的に休んだ方がいいかもしれないです。

スポンサードリンク

繋留流産の手術は日帰り

私の時の繋留流産の処置は、手術室ではなく処置室で行われました。

開腹手術のような大きく体を切ったりするようなものではなく、子宮口を開いて中身を取り出すという手術なので、体にそこまで大きな負担がかからないようです。

もちろん希望すれば手術室で処置をしてくれると思います(費用が高くなるけど)。

繋留流産手術前の血液検査

手術の日取りが決まった日や手術前に血液検査をします。これは手術をする人すべてに行われる検査のようで必ず行います。

検査項目は血算、生化学、凝固、血糖値、梅毒血清反応、 b 型肝炎、 hiv 抗体などの検査をします。

この血液検査は費用が5000円くらいかかりました。

私の通っていた病院は手術をするなら毎回この検査をする必要がありましたが、術前の血液検査をしないところもあるそうです。どんな検査をするのか手術前に確かめてみるといいと思います。

error: Content is protected !!