胎嚢の平均値の大きさは?胎嚢が見えない?

妊娠初期には赤ちゃんが問題なく育っているかどうかすごく心配になります。妊娠週数による胎嚢の平均の大きさはどれくらいなのか調べました。胎嚢が見えない時期や週数より小さいと言われる理由についてまとめています。

胎嚢が小さいと心配?

妊婦健診で胎嚢がちょっと小さい?とちょっとでも指摘されようものなら、その後すっごく気になります。胎嚢が小さかったらどうなんだ。流産しちゃうのか、障害の可能性があるのか…。

つまりどんな不安な可能性があるのか分からないのが、より一層不安をあおります。

胎嚢が見える、見えない?

胎嚢は普通、妊娠5週目くらいから見えるようになります。妊娠4週目までは5ミリくらいしかないので、胎嚢かどうかはっきりしないんだそうです。生理周期から考えると5週目だとしても排卵が遅れた場合はその分、胎芽の成長も計算しなおすことになります。

要するに、排卵日がはっきりしない場合は1週間から2週間の誤差が考えられます。

hcg注射をしている場合は医師と相談

hcg注射などで排卵日がはっきりわかっている場合、週数に見合った胎嚢の大きさになっていない場合は胎芽の成長が遅れているのかもしれません。しかし胎嚢の大きさは個人差が大きいので、主治医から何か話がなければ問題ないと考えていいと思います。

hcg値が高値なのに胎嚢がいつまでも見えない場合は子宮外妊娠の可能性やそのほかのトラブルがあるかもしれません。出血などに注意して経過を主治医とよく話してみてください。

胎嚢の平均の大きさ

妊娠週数による平均の胎嚢の大きさは以下の表のとおりです。ずいぶんとばらつき、差があります。排卵日の誤差による平均値なのでこの値になりますが、胎嚢の大きさによっては主治医から妊娠週数の修正がされるかもしれません。

妊娠週数と胎嚢の大きさ

妊娠週数 胎嚢の大きさ
4週 1mmから5mm
5週 5mmから20mm
6週 12mmから30mm
7週 22mmから40mm
8週 30mmから50mm
9週 38mmから60mm
10週 45mmから70mm

妊娠週数を修正…大丈夫?不安…

胎嚢の大きさから妊娠週数を修正することがあります。生理周期の計算上と実際の胎嚢の育ちが違うと、もしかして育ちが悪いんじゃ?とかトラブルのある受精卵なんじゃ?とか不安になります。

妊娠週数の数え方

妊娠週数の数え方は最終月経日から妊娠週数を計算する方法と妊娠週数が10週頃の大きさから計算する方法があります。

最後の生理が始まった日から計算した場合、排卵日のずれによる誤差がうまれます。これは赤ちゃんの大きさから妊娠週数を計算したものではなく、計算上の予定のようなものなので誤差がでるのは仕方がない部分があります。

10週目くらいで再計算することもある

正確な妊娠週数は妊娠10週くらいまで赤ちゃんが育ったときの大きさから再計算されます。このとき出される出産予定日や妊娠週数はほとんど誤差はありません。妊娠週数を修正することがたびたびあるかもしれませんが、12週頃までにははっきりした日付が決ります。

妊娠週数を修正する時期

妊娠週数

胎嚢の大きさ

4週 1mmから5mm 胎嚢が見えない時期
5週 5mmから20mm 妊娠週数に誤差がある可能性がある時期
6週 12mmから30mm
7週 22mmから40mm
8週 30mmから50mm
9週 38mmから60mm
10週 45mmから70mm 胎児の大きさから妊娠週数を修正する時期

胎嚢が見えなくても心配しすぎない

妊娠週数からいくと、胎嚢が見えていないとおかしい!と焦りますが実際に受精した日を割り出すのは難しいので胎嚢が見えていなくても、まだ見えていないだけで元気な場合もあります。

私も6週から10週まではハラハラ、不安と期待な毎日ですが、辛抱強く待ってみるしかなかったです。

error: Content is protected !!