子宮の形のせいで不妊や不育症になるらしい

妊娠できない原因のひとつに子宮の形の異常があります。どうして子宮の形が異常だと不妊や不育症になるのか調べてみました。

子宮奇形の人は5パーセントと割と多い

子宮奇形というとすごくレアケースというか、自分には関係ないことのように感じがちですが…4パーセントから5パーセントの人が子宮奇形を持っていると言われています。

つまり100人に5人…ということは25人に1人くらいの割合で存在しています。クラスに1人…いるかも?という割合なので、確率としては結構高いのではないでしょうか。

不育症の原因?と噂されている

子宮の形に異常があっても不妊には関係ないといわれています。つまり子宮奇形があっても妊娠することができると考えられています。しかし子宮内で赤ちゃんが育たなくなる不育症と関係があるではないか?と考えられています。

子宮の形が奇形な場合、血流が悪くて着床した受精卵がうまく育たず流産してしまうのではないか?といわれています。

まん丸のボールの内部を正常な子宮だとイメージしてみると、確かにまん丸なボール状の中では血液は綺麗に対流しそうですが、一か所だけでも歪んだボールや内部に壁が出来ているボールだと血液が壁に当たってうまく流れていかずに血流が悪くなる…というのもなんだか納得できます。

子宮後屈だといわれた私の場合

子宮奇形の検査はエコーで大体わかるといわれています。私の場合もエコー検査では子宮後屈だといわれただけで子宮奇形だとは言われていません。特に子宮内部の子宮奇形はやはり子宮鏡検査をしないと分からないんだろうと思います。

例えば子宮が大きく2つに分かれている分離重複子宮の場合や卵管も卵巣もひとつしかない単角子宮ならエコーで見れば分かるみたいです。でも子宮内部まではエコーではなく子宮鏡を使った検査でないと奇形が発見しにくいと考えられます。

私の場合は流産や不育症を体験していて、妊娠中も血流がわるくて赤ちゃんがうまく育ちませんでした。おそらく、エコーじゃ見えない何らかの子宮奇形があったんだと思います。

今からでもどんな奇形状態なのか?検査してみたい気もしますが、奇形があったからといって妊娠出産できないわけでもない場合は「自分の長年の疑問が晴れて満足する」という自己満足にしかならないので検査はやめておきます。

子宮鏡検査はどんなことをするのか?

子宮の中を観察する子宮鏡検査はどんなことをするのか?調べてみました。私の場合は不育症も血流の悪さもありながら出産に漕ぎつけたのですが、不妊に苦しんでいるならこの検査をやってみた方が良いと思います。

子宮鏡検査は膣から小型カメラを入れて子宮内を目で見て観察する検査です。検査自体は難しいものではないようで、30分くらいで終わるみたいです。

通水検査も同時に受けられる

子宮鏡検査をするとき、同時に通水検査という子宮内に水を通す検査も行うことができます。通水検査を一緒に受けると子宮口の通りやすさやカメラのレンズを水で流せるので子宮の中が見やすくなるという利点があるようです。

なので、どうせなら一緒に受けてしっかり見てもらった方がお得ですね。

子宮鏡検査の料金

子宮鏡検査単独で受けると3000円から10000円くらいが相場だと思います。他に同時に検査するともうちょっとかかると思うので説明を受けた方が会計でびっくりしないです。

痛さと出血

小型カメラといっても子宮口を開けて入れるから、子宮口が狭い人はかなり痛いと予想されます…。

子宮口の広さは普通2mmらしいので(2mmのカメラって今はまだ無いから)胃カメラで使う細いカメラでも6mmくらいはあったはず…。

また子宮口を刺激するので出血することもあります。といっても大出血するほどでなく、点々と出血したり茶色のオリモノだけだったりと人それぞれです。

通水検査も同時に受ける場合、子宮内に水が入っていく痛みや卵管が通る感覚が痛い…ということがあります。思い生理痛のような感じらしいです。

卵管が詰まっていたりすると痛みが増すようですが、通水検査で通りが良くなって妊娠しやすくなるという話もあります。

子宮鏡検査を受けるタイミング

妊娠を計画していると1か月が惜しいものです。なのでやはり検査を受けられるタイミングを逃してはいけません。この子宮鏡検査が受けられるのは生理後の非妊時から排卵前の期間です。

子宮の中をみる(また同時に通水検査をすることも)ので、その刺激で流産してしまうことがあるからです。このひと月の間にできる検査はこのタイミングでやっておくと何度も避妊期間をとったりする手間が省けます。

一緒にできる検査として考えられるのが、子宮卵管造影検査(通水検査)、ホルモン検査などがあります。

自分に必要な検査なのか?他に平行して受けられる検査はあるのか?を主治医に話してみると相談に乗ってくれますよ。

error: Content is protected !!